キッチンスペシャリストとは

●キッチンスペシャリストとは

近年のライフスタイルの変化に伴い、キッチンは単に調理をする場所ではなく、家族のコミュニケーションやくつろぎの場として捉えられるようになってきました。 キッチンスペシャリストの仕事は、こうしたキッチンに求められる新たな役割を理解した上で、安全で快適な空間を作り上げていくことです。 キッチンの計画に際しては、設計から施工まで総合的に提案していく能力が要求されるアドバイザーなのです。 システムキッチンの導入が一般的となった今、より機能的で快適なキッチン空間が求められています。 多様化するキッチンへの要望を、専門的な知識を裏づけにして、もっとも具体的な形で実現させていくキッチンスペシャリストは、これからますます重要な位置付けになってくるといえるでしょう。

●キッチンスペシャリストになろう

主婦が主導権を握るインテリアの打ち合わせでは、キッチンはいわばメインです。 しかし、使い勝手、安全性などに配慮し、環境問題や高齢化社会に対応した適切なプランの提案をするのはなかなか難しいもの。 キッチンスペシャリストは、設備機器の機能や仕様、ガス・水道・電気等の防災安全対策、建築構造との取り合い等、幅広い専門知識を身につけ、消費者の多様化するニーズにも的確に対応することを目的としています。 またキッチン機器を販売するのに必要な販売戦略やローンを含めた資金計画、見積、売買契約などの知識も習得できます。 この機会にリフォーム需要の増加でますます注目を浴びている水廻りの専門家、キッチンスペシャリストの資格を取得して、顧客が満足する快適なキッチン空間を提案しましょう。
講座について

・HIPSの合格対策講座
HIPSではキッチンスペシャリスト試験の合格対策講座を募集しております。

講座詳細はこちら(PC) 資料請求(無料)(PC)
試験概要

●2021年度試験概要

(※最新の情報は主催団体のホームページをご確認下さい)
試験日 12月5日(日)
受験申請期間 9月14日(火)〜10月22日(金)まで
受験
資格
年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。(ただし、出題・解答は日本語のみ)
試験地 北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県の全12地域
試験
科目
[学科]マークシートによる択一式(120分)
[実技]記述式(150分)
試験
時間
[学科]事前説明(9:30〜9:45)/ 実施時間(9:45〜11:45)
[実技]事前説明(12:45〜13:00)/ 実施時間(13:00〜15:30)
受験料
(税込)
■総合タイプ(学科試験+実技試験):14,300円(税込)
■学科試験<先取り/免除>タイプ:11,000円(税込)
■実技試験<先取り/免除>タイプ:11,000円(税込)

主催者:公益社団法人インテリア産業協会
東京都新宿区新宿3-2-1 新宿三丁目ビル8階
TEL 03-5379-8600

Copyright(C)2015 HOUSINGAGENCYINC.
AllRightsReserved.

資料請求(無料) セミナー体験授業(無料)