インテリアコーディネーター等の資格スクール

 
 
受講生専用ページ 学生の方へ 法人の方へ サイトマップ
 
 
資料請求無料セミナー・イベント 無料相談会・見学会お電話でのお問合せはこちら
インテリアプロスクールHIPS<ヒップス>は(株)ハウジングエージェンシーが主催する資格スクールです。
東京(新宿)校大阪校横浜校大宮校名古屋校その他の地域在宅
 
  HIPSとは 資格について 講座一覧 お申込方法 校舎案内 合格体験記 よくある質問 書籍案内  
 
講座メニュー 講座メニュー
講座メニュー
講座メニュートップ 講座の特長 合格対策講座 2次試験合格対策講座 在宅(Eラーニング講座) 受講生の声 インテリアコーディネーターとは 試験概要
講座メニュー
HIPS各校のご案内
東京(新宿)校
大阪校
横浜校
大宮校
名古屋校
その他の地域
在宅・Eラーニング
すべての校舎一覧はこちら
資格試験合格対策講座
インテリアコーディネーター
インテリアプランナー
マンションリフォームマネジャー
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター
整理収納アドバイザー
ライティングコーディネーター
その他の資格対策講座
すべての資格講座一覧はこちら
実務・スキルアップ講座
早描き営業パース
照明1日塾
インテリアスピードスケッチ
その他の実務講座
すべての実務講座一覧はこちら
各種お問合せ
資料請求
無料セミナー・体験授業
教室見学会・相談会
 
インテリアコーディネーター試験概要
試験概要 試験の範囲と求められる知識 試験データ
試験概要<2018年度(第36回)>
一次試験
試験日
2018年10月7日(日)
受験資格
年齢・性別・学歴・職業・経験は問いません。(但し、出題・解答は日本語のみ)
試験地
北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県の全12会場
試験科目
学科(160分)マークシートによる択一式
試験時間
(予定)
事前説明(12:15〜12:30)、実施時間(12:30〜15:10)
一次試験免除制度について
一次試験(学科)のみに合格した方は、次年度から3年間、受験申込時に一次試験の免除申請(合否判定通知に記載された一次試験免除通知番号を所定欄に記入)をすることで一次試験が免除され二次試験のみ受験できます。
ただし、3年間の免除期間が過ぎた場合は再度一次試験(学科)からの受験が必要となります。
なお、今年度は、一次試験免除通知番号の上2ケタ33、34、35の方が対象となります。
二次試験
試験日
2018年12月2日(日)
受験資格
過去3年以内に一次試験に合格していること。その他は問いません。
試験地
北海道・岩手県・宮城県・群馬県・東京都・愛知県・石川県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県の全12会場
試験科目
プレゼンテーション・論文(180分) 記述式
試験時間
(予定)
事前説明(12:15〜12:30)、実施時間(12:30〜15:30)
受験申請
受験申込期間
2018年7月17日(火)〜8月23日(木)まで
受験申込期間は、一次試験と二次試験の両方とも同一期間となります。[一次試験<先取り>タイプ]で受験して合格した場合でも、合格後に二次試験の受験申込はできませんのでご了承ください。
受験申込(受験区分)について
(1)基本タイプ(一次試験→二次試験)
 受験料:14,400円(税込)
・同一年度内に一次試験と二次試験の両方の受験を希望する方
ただし、一次試験が不合格となった場合、二次試験を受験できません
(一次試験不合格の場合、受験料の一部返金はできません)。
(2)一次試験<先取り>タイプ(一次試験のみ)
 受験料:11,300円(税込)
・一次試験のみを受験する方
ただし、一次試験に合格した場合でも、同一年度内に二次試験の受験申込はできません。
(3)二次試験<一次免除>タイプ(免除制度対象者のみ※)
 受験料:11,300円(税込)
・過去3年以内にすでに一次試験に合格済みで、二次試験のみ受験する方
※一次試験免除制度をご確認ください。
試験の範囲と求められる知識
一次試験
学科(160分)
1.インテリアコーディネーターの誕生とその背景に関すること
インテリアコーディネーター誕生の背景となった住まいへの意識変化や住宅・インテリア産業の発展の経過、その後のインテリア産業の進展とインテリアコーディネーターの職域の拡大等に関する基礎知識を有していること。
2.インテリアコーディネーターの仕事に関すること
インテリアコーディネーターとしての役割、職能、必要な実務内容・手順および職域等に関する基礎知識を有していること。
3.インテリアの歴史に関すること
古代から現代に至る日本及び西洋のインテリアの歴史に関する基礎知識を有していること。
4.インテリアコーディネーションの計画に関すること
インテリアコーディネーションのための基本的な検討事項(生活像、規模計画、寸法計画、人間工学、造形原理、色彩計画、安全計画、性能計画、維持管理)、生活場面の構成手法、リフォームの計画等に関する基礎知識を有していること。
5.インテリアエレメント・関連エレメントに関すること
インテリアエレメント(住宅家具、造作部品、システム・ユニット製品、ウインドートリートメント、カーペット、インテリアオーナメント等)、各種品質表示、エクステリアエレメント等に関する基礎知識を有していること。
6.インテリアの構造・構法と仕上げに関すること
建築の構造・構法、インテリア(床・壁・天井)の構法、造作と造作材、機能材料と構法、建具、仕上げ材と仕上げ等に関する基礎知識を有していること。
7.環境と設備に関すること
室内環境(熱、湿気、換気・通風、音、光)、住宅設備(給排水、換気・空調、自然エネルギー、電気、照明、水回り設備機器)に関する基礎知識を有していること。
8.インテリアコーディネーションの表現に関すること
建築等設計図書、二次元・三次元表現技法、CAD表現・レンダリング、プレゼンテーションに関する基礎知識を有していること。
9.インテリア関連の法規、規格、制度に関すること
インテリアに関連する建築・住宅、省エネ・環境・リサイクル、高齢者・障害者配慮、品質・安全性等分野の法規制・規格・制度・表示に関する基礎知識を有していること。
二次試験
プレゼンテーション・論文(180分)
プレゼンテーション・論文によるインテリア計画及びそのプレゼンテーションに関すること
(プレゼンテーション)
インテリアの基礎知識をもとに、住まいのインテリア空間に関する与えられた課題について、与条件を理解した上でインテリアの計画を行い、図面作成や着彩表現により必要な情報を伝達できる能力を有していること。
(論文)
インテリアコーディネーターとして、住まいのインテリアに関する与えられた課題について、これを理解・判断し、的確な解答を文章で明瞭に表現できる能力を有していること。
試験データ
●1次受験者の推移(過去5年)
回数(年度)
受験者数
合格者数
合格率
31回(平成25年度) 9,502名 2,941名 31.0%
32回(平成26年度) 8,907名 2,648名 29.7%
33回(平成27年度) 8,927名 2,603名 29.2%
34回(平成28年度) 8,328名 2,560名 30.7%
35回(平成29年度) 8,202名 2,541名 31.0%
●2次受験者の推移(過去5年)
回数(年度)
受験者数(1次免除者)
合格者数
合格率
31回(平成25年度) 3,868名(1,223名) 2,362名 61.1%
32回(平成26年度) 3,633名(1,283名) 2,297名 63.2%
33回(平成27年度) 3,417名(1,112名) 2,063名 60.4%
34回(平成28年度) 3,405名(1,131名) 2,055名 60.4%
35回(平成29年度) 3,417名(1,135名) 1,931名 56.5%
主催者:公益社団法人インテリア産業協会
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル8階
TEL 03-5379-8600