インテリアコーディネーター等の資格スクール

 
 
受講生専用ページ 学生の方へ 法人の方へ サイトマップ
 
 
資料請求無料セミナー・イベント 無料相談会・見学会お電話でのお問合せはこちら
インテリアプロスクールHIPS<ヒップス>は(株)ハウジングエージェンシーが主催する資格スクールです。
東京(新宿)校大阪校横浜校大宮校秋葉原校名古屋校その他の地域在宅
 
  HIPSとは 資格について 講座一覧 お申込方法 校舎案内 合格体験記 よくある質問 書籍案内  
 
講座メニュー 講座メニュー
講座メニュー
マンションリフォームマネジャーとは
合格対策講座
試験概要
講座メニュー
HIPS各校のご案内
東京(新宿)校
大阪校
横浜校
大宮校
秋葉原校
名古屋校
その他の地域
在宅・Eラーニング
すべての校舎一覧はこちら
資格試験合格対策講座
インテリアコーディネーター
インテリアプランナー
マンションリフォームマネジャー
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター
整理収納アドバイザー
ライティングコーディネーター
その他の資格対策講座
すべての資格講座一覧はこちら
実務・スキルアップ講座
早描き営業パース
照明1日塾
インテリアスピードスケッチ
その他の実務講座
すべての実務講座一覧はこちら
各種お問合せ
資料請求
無料セミナー・体験授業
教室見学会・相談会
 
マンションリフォームマネジャーとは
−2017年度マンションリフォームマネジャー受験者のための無料相談会−
 HIPSでは今年、マンションリフォームマネジャー試験を受験するための、ご相談を承ります。
 HIPSのノウハウを基に合格するための勉強方法、教材、講座利用方法など専門のアドバイザーが個別にご相談を承ります。マンションリフォームマネジャー試験の受験資格や試験制度についてなど、プロの視点からアドバイスを致します!
 ぜひ御利用ください。
無料相談会のご予約はこちら
マンションリフォームマネジャーとは
平成4年度に創設され、試験合格者は、延べ10,342人(平成4年度研修修了考査合格者を含む)です。平成28年度の試験合格者は180名。合格率は29.3%でした。

主としてマンションの専有部分のリフォームにおいて、居住者の要望を実現するために、専門知識をもって、管理組合や、施工者などと協力・調整しながら、居住者に付加価値の高いリフォームを企画・提供するための業務推進能力を認定する試験です。

マンションリフォームマネジャーは「マンション標準管理規約(国土交通省)」のコメントで、『管理組合が支援を受けることが有用な専門的知識を有する者』として位置づけられています。
学科試験と設計製図試験の両方に合格した方は、「マンションリフォームマネジャー」として認められ、マンション専有部分のリフォーム工事だけでなく、マンション大規模修繕、中古マンションの売買、インテリアデザイン、マンション管理等多様な業種において、活躍の場が広がっています。
合格対策講座についてはこちら

マンションリフォームマネジャーとは
平成26年末には分譲マンションストック戸数の推計値は610万戸を超え、建築後相当の年月を経たマンションも急増し、マンション専有部分のリフォームが重要な業務領域としてクローズアップされています。

マンションリフォームにおいては、区分所有やマンション管理、共同住宅ならではの建築構造、設備等、その特殊性をふまえた適切な計画や施工が不可欠です。依頼者の要望を実現し、付加価値の高いリフォームを行うために、これらをマネジメントするマンションリフォームのスペシャリストが求められています。
(公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターHPより)

マンションリフォームマネジャーの主な就職先
 ■不動産関連企業・リフォーム会社・マンション管理会社など
合格対策講座についてはこちら

マンションリフォームマネジャー試験概要
【平成28年度試験】
受験資格等
・どなたでも受験できます。
試験内容 ・学科試験(4肢択一式)
<マンションリフォームに関する専門知識(50問・120分)>
出題分野:計画・基礎知識、法規・規約・制度、マネジメント、住戸内各部のリフォーム、設備のリフォーム
・設計製図試験
<マンションリフォームのプランニング(1問・180分)>
マンション専有部分に係るリフォームの設計図書の作成(平面図および留意事項説明)
受験申込書の配布と同時に設計製図試験の課題を公表します。
受験申込書
ダウンロード
平成28年7月1日(金)〜8月31日(水)
受験申込 平成28年7月19日(火)〜8月31日(水)<必着>
試験日 平成28年10月2日(日)(学科試験・設計製図試験同日実施)
試験地 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
※試験会場は、受験申込書の配布と同時に公表します。
受験料 14,000円(消費税込み)
※前年度または前々年度に、学科試験または設計製図試験の一方に合格している場合は、申請により10,800円(消費税込み)
合格発表 平成28年12月9日(金)予定
【マンションリフォームマネジャー新制度について】
<新試験制度について>
学科試験は、学科T試験と学科U試験を統合し、よりマンションリフォームに特化した学科試験となります。
このことから平成23年度まであった建築士等の一部学科免除の措置はなくなります。
出題分野は、@計画・基礎知識、A法規・規約・制度、Bマネジメント、C住戸各部のリフォーム、D設備のリフォームの5分野で、全50問、120分の学科試験となります。

設計製図試験は、マンション専有部分にさまざまな制約のある中、法的、物理的にできることとできないことを判断した上で、依頼者の要望をかなえる事ができる能力の有無を問う試験です。民間事業者その他で活躍しているマンションリフォームマネジャー(MRM)の役割に即し、実務で役に立つ内容です。要求図書は平面図と留意事項説明のみとなり、試験時間も180分となります。
開催地
新:平成24年度から(変更部分)
旧:平成23年度まで(変更部分)
学科試験
学科(50問:120分)
建築士等の免除はなく、受験者全員が同じ問題を解答
学科T(20問:50分)
学科U(40問:100分)
学科Tは建築士等は免除
設計製図試験
設計製図
(平面図・留意事項説明:180分)
設計製図
(平面図・断面図・留意事項説明:210分)
なお、学科試験のみ、または設計製図試験のみ合格された方は、従来通り、申請により翌年度および翌々年度まで当該学科試験または設計製図試験は免除されます。
<新規登録・更新登録の廃止>
これまでマンションリフォームマネジャー(MRM)登録制度として、財団に備える名簿に登録し、MRM各自に登録証を発行して参りましたが、平成24年度より、新規登録および更新登録制度は廃止し、MRM試験合格者であればマンションリフォームマネジャーの称号が使用できる制度となります。
登録者の方
MRM登録証の登録有効期限満了までは、従前と同様に登録は継続され、財団ホームページによる名簿公開、MRMインフォメーション等情報提供も継続いたします。
平成24年度以降の合格者 平成24年度から、MRM試験の合格者(学科・設計製図ともに合格)は、マンションリフォームマネジャーの称号を使用できるようになります。
平成23年度以前の合格者 平成24年度以降のMRM試験合格者と同様に、平成23年度以前の合格者の方も試験合格をもって、マンションリフォームマネジャーの称号を使用することができるようになります。これに伴い、合格年度および登録の有無を問わず、すでに登録抹消となっている方についても、試験合格者としてマンションリフォームマネジャーの称号を使用することができます。
主催者:(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター
合格対策講座についてはこちら