こんにちは。

HIPS事務局の中山です。

 

 

東京は桜も咲き始めたというのに、

昨日、今日といきなり

寒くなってきましたね。

 

気温の変化についていけず、

体調を崩したりされていませんか?

 

 

最近、うちの会社にも

2名の新入社員が

入ってきてくれたので、

 

新年度を万全の体制で

迎えられそうです。

 

 

 

さて、4月からスタートするクラスの

開講が近づいてきました。

 

 

10月8日(日)に実施される予定の

1次試験対策の本講座は、

以下のスケジュールで開催します。

 

 

<全19回>

1回目:オリエンテーション

2回目:インテリア計画1

3回目:インテリア計画2

4回目:環境工学

5回目:住宅設備1

6回目:住宅設備2

7回目:構造・構法1

8回目:構造・構法2

9回目:構造・構法3/建具

10回目:建築材料

11回目:仕上材・塗料

12回目:インテリア販売/消費者関連法規

13回目:色彩と造形

14回目:インテリアの歴史

15回目:表現技法・建築関連法規

16回目:家具1

17回目:家具2/ウインドウトリートメント

18回目:照明

19回目:各種エレメント

 

 

 

いかがですか?

 

19回分をざっと並べると

こんな感じになるのですが、

 

「けっこうたくさん勉強するなぁ」

とお思いになりませんか?

 

 

しかも、法規とか工学とか

難しそうなテーマもあって、

 

「こんなの私にできるの?」

と引いちゃう人もいるかもしれません。

 

 

たしかに、消費者関連法規や

環境工学などは、普段なじみのない

テーマではありますが、

 

実際には私たちの身の回りにあるもの、

 

あるいは、生活と密着した法律など

 

インテリアコーディネーターが

実務を行う上で最低限

知っていなければならないことに

絞られてますので、

 

 

先生の解説をしっかり

聞いていただければ、

それほど難しいものではありません。

 

 

ちなみに上記のカリキュラムですが、

なぜこのような順番にしているかには

それなりの理由があります。

 

 

まず、1回目のオリエンテーションは、

これからの進め方や

具体的な勉強方法をお伝えし、

 

さまざまなデータをもとに、

「こうすれば合格できる」という

明確なスタイルをご提示します。

 

 

次に、

インテリア計画

環境工学

住宅設備

構造・構法

建築材料

仕上材・塗料

 

と続いていきます。

 

カリキュラムとしては約半分ですが、

実はここまでで

試験の出題範囲の7割以上を

占めているんです。

 

 

よく試験に出るところから

先に手をつけて、

少ししか出ないところは

後半に持ってくる形です。

 

その理由はもうお分かりですよね?

 

 

この方が

「合格する」という点においては、

間違いなく効率がいいんです。

 

 

ちなみに、インテリア産業協会が

発行している公式テキスト、

インテリアコーディネーターハンドブック。

 

このテキストを1ページ目から

順番にやらなければならないという

決まりはありません。

 

どんな勉強方法であっても、

上位30%に入った人が

合格するという試験です。

 

 

最初のうちに

よく試験に出る分野を勉強していれば、

復習もその分早くできて、

確実に知識が身についていきます。

 

 

また、1次試験では得点率75%以上で

ほぼ毎年合格できるので、

何も100点を目指す必要もありません。

 

 

1問出るかどうかの分野に

貴重な時間を割くよりも、

 

確実に5〜6問出題される分野を

しっかりおさえていきましょう。

 

 

 

ただいま

東京(新宿)、横浜、大宮、

名古屋、大阪の各校で

個別無料カウンセリング実施中です!

http://www.hips-school.jp/course/seminar/c_se_u_collection.html

 

 

「詳しく話を聞いてみたい」という方は、

ぜひ、お早めにお越しになって

くださいね。

 

 


こんにちは。

HIPS事務局の中山です。

 

 

まだ正式な発表は行われていませんが、

今年のインテリアコーディネーター

1次試験は10月8日(日)に

実施されると思われます。

 

 

今からだと、約6ヶ月半ですね。

 

HIPSでは来週以降、

東京(新宿)、横浜、大宮、

大阪、名古屋の各校で、

1次試験合格に向けた

対策講座が続々とスタートします。

 

約半年をかけてじっくりと勉強していく

コースですので、お仕事をしながらでも

無理なくこなせるカリキュラムを

組んでいます。

 

 

現在各校舎で受講にあたっての

個別カウンセリングを開催しており、

毎日のようにたくさんの方が

相談に訪れています。

 

 

この個別カウンセリングで

よくいただく質問が、

「今から始めて合格できますか?」

というもの。

 

 

結論から申し上げると、

「今から始めるのが一番いいですよ」

をお答えしています。

 

 

ご存知の方もいると思いますが、

ハウジングエージェンシーでは毎年、

1次試験の

「解答速報&合否判定サービス」を

行っており、

 

昨年は約9,000名の受験者に対し、

約3,000名の方にご利用いただきました。

 

 

具体的には、

試験の解答を即日サイトにアップして、

さらに、みなさんから寄せられた

ご自身の回答を採点し、

合格可能性を診断するというものです。

 

 

3,000名にものぼる受験生の

全回答をデータ化しますので、

 

平均点や各問題の正答率はもちろん、

おおよその合格点まで把握することが

可能になります。

 

 

さらに、このサービスを

ご利用いただいた方に

アンケートを実施し、

 

・勉強方法(スクールor通信or独学など)

・勉強開始時期

・1日の勉強時間

・使用した教材

 

などをお聞きして、

これらもすべてデータ化しています。

 

 

これにより、

「どのようにすれば合格できるのか」を

データから導き出すことができるので、

 

それをもとに

最適な教材を制作し、

最適なカリキュラムを組み、

最適な勉強方法をお伝えすることが

可能になるんです。

 

 

そして、昨年合格された方が

勉強を始めた時期として

最も多かったのが、

 

「4月から始めました」

という回答であり、

 

私どもも4月からの6ヶ月間が

最適化されるような

カリキュラムを組んでいます。

 

 

以上の理由から、

「今から始めるのが一番いいですよ」

とお答えさせてもらっているんです。

 

 

 

インテリアコーディネーター試験の

合格対策については

30年以上取り組んでいますので、

 

「こうすれば合格できる」という

確固としたノウハウを持っているのが

他にはない、私たちの強みです。

 

 

私たちがご提案する通りに

勉強をすすめていただければ、

絶対に合格できます。

 

 

万が一にでも合格とならなかったら、

翌年にも同じ講座を無料で受けられる

「合格保証」もつけています。

 

 

また、通い始めてみたものの

実際の講義に満足いかなかったとしたら、

一ヶ月以内に申し出ていただければ、

受講料は「全額返金」

させていただきます。

 

 

リスクはすべて私どもが持ちますので、

安心してお任せください。

 

 

直近の個別カウンセリングは

以下の日程で開催しています。

 

また、体験授業も随時無料で

実施していますので

 

ぜひご都合を調整の上、

ご参加を検討してください。

 

 

あなたのご参加をお待ちしています。

 

 

<個別カウンセリング>

※お一人約1時間程度

 

東京校(新宿)…月〜金 10:00〜21:00

土日祝 10:00〜18:30

 

横浜校…3月29日(水)13:00〜20:00

4月 5日(水)13:00〜18:00

 

大宮校…3月28日(火)13:00〜20:00

4月 4日(火)13:00〜20:00

 

名古屋校…3月28日(火)13:00〜18:00

3月29日(水)13:00〜16:00

 

大阪校…月〜金 10:00〜21:00

土 10:00〜18:30

 

 

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ。

http://www.hips-school.jp/course/seminar/c_se_u_collection.html

 

 

お電話でのご相談も承っています。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

<東京校・横浜校・大宮校・名古屋校>

東京本部事務局 0120-880-591

<大阪校>

大阪事務局 0120-498-591

 

 

 

名古屋広告写真


こんにちは。

HIPS事務局の中山です。

 

 

 

あなたは、インテリアプランナーについて

どんな印象を持っていますか?

 

 

名前を聞くのも初めてという方も

多いかもしれませんが、

資格が創設されたのは今から30年前、

 

試験の主催団体は、

(公財)建築技術教育普及センターといって、

 

国土交通省の委託を受けて

一級建築士や二級建築士試験も

執り行っている公益法人です。

 

 

インテリアコーディネーターが

当時の通商産業省(今の経済産業省)系の

資格であったのに対し、

 

どちらかというと、

建築士的な要素の強い資格といえます。

 

そのため、これまでの

インテリアプランナーの受験者は、

ゼネコンや設計事務所、

大手ハウスメーカーの設計士などが

 

受験生の多くを占めていました。

 

 

実際の試験も、

とくに二次の製図試験は

難易度が高く、

 

与えられる設計テーマも

ホテルのスイートルームや

空港のラウンジ、

シェアオフィス、

レストランなど、

 

主に住宅以外のプラン作成が

求められています。

 

 

要求図面も平面図に加えて、

H200×W300の

パースが入りますので、

 

これは建築士を持っている人でも

かなり難しいと言われます。

 

 

さらに、試験に合格しても

建築士の有資格者や

建築系学科の学歴、

規定で定められた実務経験がないと

 

インテリアプランナーとして

登録することができないなど、

いろいろとハードルがあることから、

 

受験生の数も全国で800名前後と、

インテリアコーディネーターの

10分の1程度にとどまっていました。

 

 

 

しかし、昨年から試験制度が変わり、

学科試験に合格すれば、

 

アソシエイト・インテリアプランナー

として登録することが可能になりました。

 

登録にあたっての他の条件は不要で、

要するに誰でも受けられる試験へと

変更されたのです。

 

 

もちろん、実務未経験の方も大歓迎。

学生さんも異業種の方も

誰でも受けられます。

 

試験内容はというと、

インテリアコーディネーターの試験と

重なる部分が6割以上なので、

 

インテリアコーディネーターの

受験経験者にとっては

とても受けやすくなっています。

 

 

残りの3割は

建築関連法例集を使いながら解く問題など

建築士試験で問われる内容なので、

 

この部分はある程度しっかりと

学習する必要があるでしょう。

 

 

HIPSではこのインテリアプランナー資格を

より理解していただくために、

4月2日(日)に無料セミナーを開催します。

 

 

詳しい試験内容や、資格の活かし方、

合格するための勉強方法など、

 

初めてインテリアプランナー試験を

受ける方のために、

わかりやすく解説いたします。

 

 

また、最短で合格していただけるよう、

2日間集中の学科対策講座も

用意していますので、

 

 

ご興味のある方はぜひ、

足を運んでみてください。

 

 

無料セミナーの日程に

ご都合が合わない方は、

個別相談も承っています。

 

 

ぜひあなたも今年、

アソシエイト・インテリアプランナーに

チャレンジしてみませんか?

 

 

 

詳細はこちらのページで

ご確認いただけます。

 

 

インテリアプランナー無料セミナー

4月2日(日)10:00〜11:00

http://www.hips-school.jp/course/seminar/c_se_ip_29.html

 

インテリアプランナー合格対策講座

4月23日(日)・30日(日)

http://www.hips-school.jp/course/ip/c_ip_u_collection.html

 

 

あなたのご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

 


こんにちは。

HIPS事務局の中山です。

 

 

前回のブログでは、

フリーランスとして生きる

インテリアコーディネーターについて

お伝えしました。

 

 

インテリアコーディネーターに限らずですが、

フリーランスで仕事をする以上、

 

その分野に関する

資格を持っていることは、

絶対条件と言ってもいいでしょう。

 

 

資格は自分が何者なのかを証明する、

いわばパスポートのようなもの。

 

「住宅やインテリアの世界で働きたい」

と考えている方は、

ぜひインテリアコーディネーターの

資格は取ってくださいね。

 

 

 

ちなみに、今回発刊する

「リフォーム&リノベーション

インテリアコーディネーター名鑑」

に掲載された56名のみなさんは、

 

どういった資格を持っていたのでしょうか?

 

 

当然ですが、まず全員が

インテリアコーディネーター資格を

持っていました。

 

2番目に多いのが、2級建築士。

 

建築士資格を持つと、

一定の大きさまでの建物の

設計業務ができるようになります。

 

医師や弁護士と同じ国家資格であり、

建築士資格がなければ、

設計業務を行うことができません。

 

住宅に関わる仕事をしていく上で、

持っているととても強力な資格と言えます。

 

 

他に目立つところでは、

 

福祉住環境コーディネーター

カラーコーディネーター

整理収納アドバイザー

キッチンスペシャリスト

 

あたりでしょうか。

 

これらは国家資格ではありませんが、

「仕事上で必要とされる知識を持ち合わせている」

ことを証明するという意味では、

 

やはり持っていた方がいいですし、

お客さんの信頼も得やすいでしょう。

 

 

また、最近では

リフォームスタイリストや

マンションリフォームマネジャーなど、

 

リフォームと関連性の高い

資格を持つ人も増えてきました。

 

とくにマンションのリフォームの場合、

区分所有法で定められている

共有部分や専有部分という区分けがあり、

 

どこをいじってよくて、

どこをいじってはいけないのかなど、

 

法的な問題や近隣住戸との関係、

マンションの管理規約など、

 

施工技術以外の部分で

いろいろと注意しなければならない

要素が多いので、

 

最近のマンションリフォームの

増加にあわせて、

これらの資格をとる人が増えているのも

自然な流れかもしれません。

 

 

あと、珍しいところでは、

 

花道師範

アートライフスタイリスト

アロマ検定

 

など、暮らしに彩りを与える

プラスαの提案ができそうな

資格もありました。

 

 

仕事上、必須の資格以外にも、

「他にはない、自分ならではの強み」

を持つことも、

 

フリーランスで生きていくための

秘訣なのでしょう。

 

 

 

今回ご紹介したいくつかの資格については、

HIPSで講座もご用意していますので、

ぜひのぞいていってくださいね。

 

 

 

インテリアコーディネーター

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_u_collection29.html

 

整理収納アドバイザー

http://www.hips-school.jp/course/sa/c_sa_u_collection.html

 

キッチンスペシャリスト

http://www.housing-a.co.jp/dec/contents/ks/index.html

 

リフォームスタイリスト

http://www.hips-school.jp/course/business/c_rs_01_t.html

 

マンションリフォームマネジャー

http://www.hips-school.jp/course/mrm/c_mrm_u_collection.html

 

 

 


こんにちは。

HIPS事務局の中山です。

 

 

先日からお伝えしております

「リフォーム&リノベーション

インテリアコーディネーター名鑑」

ですが、

 

昨日、ようやく印刷所に入稿いたしました。

 

昨年の11月から制作を始めて、

約5ヶ月の間、

ご掲載者との折衝や原稿のやりとり、

 

画像の補正や差し替え、

校正段階での細かい部分の修正など、

56名全員の原稿を魂を込めて

編集いたしました。

 

250ページを超える大作だけあって、

振り返ってみると

長い道のりだったと感じます。

 

あとまだ、最終の校正が

残っていますので、

無事に発行できるよう

 

最後まで気を抜かずに

がんばってまいります。

 

 

 

さて、ここからが本題ですが、

いまこのブログを

見ていただいているあなたは、

 

インテリアコーディネーターとして、

どのように働くことを望んでいますか?

 

普通は、住宅やインテリア関連の企業や

ショップに勤めるなど、

お給料をもらって働く形が

一般的だと思いますし、

 

実際、そういう方がほとんどだと

思います。

 

 

ところが、私が制作してる

「インテリアコーディネーター名鑑」に

ご掲載いただいている方々は、

ほとんどがフリーランスで働いています。

 

もちろん、みなさんも

最初からフリーだったわけではなく、

どこかの企業に勤めた後に起業して、

 

1人で、もしくはパートナーとともに

独立したという形が多いです。

 

このフリーランスになることを

選択するにいたった理由としては、

主に2つに分かれるようです。

 

 

ひとつは、もともと独立志向が強く、

企業である程度経験を積んだら、

いつかはフリーランスで働くことを

早いうちからイメージしていた方。

 

 

そしてもうひとつは、

家事や育児と両立させながら

働いていくために、

フリーランスを選択した方です。

 

 

フリーランスでいる一番のメリットは、

「自分の時間を自分の裁量で決められること」です。

 

フルタイムで企業に勤めながら、

子どもを育てていくのは

まだまだ難しい世の中。

 

子どもが急に熱を出したり、

幼稚園の送り迎えや各種行事など、

自分の都合で会社に迷惑を

かけるわけにはいかないし、

 

かといって、会社を優先して

子どもをかわいそうな目にも

合わせたくない。

 

 

フリーランスになれば、

家庭と仕事の両方を

どうバランスをとっていくかを

自分で決めることができます。

 

平日は夕方5時までしか

仕事の予定を入れないとか、

 

あらかじめ子どもの行事が

決まっていれば、

その日を避けて仕事を入れるとか、

 

自分が主体となって、

マネジメントできること。

 

 

これが、子育てをしながら働く女性が

フリーランスを選択する一番の理由です。

 

 

もちろん、仕事をとってきたり、

資材や業者の手配をやったり、

お客様との打ち合わせもすべて

自分でやらなければなりません。

 

仕事がなければ、収入はゼロです。

 

トラブルやクレームもすべて

自分が矢面に立って

解決しなければなりません。

 

 

とてもシビアな世界ですが、

どういった心構えで

仕事と向き合うべきなのか、

 

お客様に感謝されるとは

どういう行動から生まれるのか、

 

フリーランスで成功するための

思考、行動、ノウハウが

この本にはたくさん詰まっています。

 

 

エンドユーザー向けに作った本ですが、

インテリアコーディネーターを目指す方、

今現在インテリアコーディネーターとして

働いている方にとっても、

 

とても勉強になる本です。

 

 

あと3週間ほどで発売になりますので、

ぜひ手にとって読んでみてください。

 

 

20170306195345732_0001