タグ「 1日講座 」の記事

32 件

 

こんにちは、HIPS事務局です。

 

 

12月2日の二次試験まで、あと5日となりました。

 

 

今年一次試験から受験された方にとっては、

本当にあっという間にこの日がきてしまったという

感覚ではないでしょうか?

 

 

先日、東京・大阪・名古屋で実施した

直前1日集中講座にも

たくさんの方にご参加いただきました。

 

 

試験形式で予想問題に

取り組んでいただきましたので、

 

時間配分やプランニングのポイントなど、

これまでの練習の成果を確認できた方が

多かったことと思います。

 

 

しかし、

「まだプランをうまくまとめることができない」

「まだ時間内に完成させることができない」

「まだ論文がうまく書ける自信がない」

 

など、今も不安な気持ちでいっぱいという方も

多いかもしれません。

 

 

ひとつだけ申し上げますと、

試験を1週間前に控えたこの時期に、

不安な気持ちがないという方は

ほとんどいません。

 

 

そして、「うまくまとめる」のではなく、

「とにかくまとめる」ことを考えてください。

 

 

減点されない図面を描こうと思うと、

 

「こんなプランじゃダメだ」と

焦ってしまって手が動かなくなってしまいます。

 

 

「減点上等!ギリギリで合格してやる!」

 

と開き直って、とにかく何が何でも

描ききることを目標にすること。

 

 

描いてる途中で何か条件違反に気づいても、

描き直している時間はないと思ったら、

もう無視して完成させることを目指す。

 

 

どんなに無茶苦茶な図面だとしても、

とにかくゴールテープさえ切ってしまえば

あとはもう天に祈るだけです。

 

 

プランをまとめる力や早さは、

短期間で身につけることは難しいかもしれません。

 

 

しかし、描く速さは練習すれば

誰でも確実に身につけることができます。

 

 

まだ5日あります。

 

 

問題集や課題の解答例を

写すだけの練習でもやる意味はありますよ。

 

 

あきらめなければ、夢は必ず叶います。

 

 

あなたの合格をお祈りしています。

 

 

 


 

こんにちは、HIPS事務局です。

 

 

明日11月23日~25日の3日間、

3連休という方も多いかと思います。

 

 

連休が終わった次の日曜日が

いよいよ2次試験本番。

 

 

この3日間をどう過ごすかで

勝負が決まるといってもいいでしょう。

 

 

ひたすら製図の練習をするか、

苦手な論文対策に時間を割くか、

試験を想定して180分で仕上げることに集中するか、

 

 

自分なりに課題を持って

取り組まれるのではないでしょうか。

 

 

そしてこの3連休は、

HIPSでも最後の総仕上げ講座を開催します。

 

 

すでに残席が少なくなってきていますが、

まだ間に合う講座もあります。

 

 

これまであなたが過ごしてきた日々を

決して無駄にはしません。

 

 

すべては合格のために、

いろんなものを犠牲にしながら

走ってきたことでしょう。

 

 

こんな大変な思いは、今年だけで十分です。

 

 

この1日で合格を一気に引き寄せられるように、

私たちの持つノウハウをすべてお伝えします。

 

 

あともう少しです。

 

 

私たちHIPSと一緒に合格を目指しましょう。

 

 

合格率83.5%!HIPSの2次対策講座はこちらです

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_u_collection2.html

 


 

こんにちは、HIPS事務局です。

 

今年の1次試験まであと2週間ですね。

 

HIPSでは、9月15日・16日・17日に続いて、

9月22日・23日・24日の3連休も

すべて複数の会場で講座を開催しています。

 

せっかくの3連休、お天気のいい日は

どこかへ出かけたくなると思いますが、

みなさん合格に向けて必死にがんばっています。

 

全分野

 

 

 

これは東京で実施した「予想問題100問答練講座」の模様です。

 

参加者は約90名、しかし3週間前には

満席・キャンセル待ちとなってしまい、

誠に不本意ながら

お断りする方も出てしまいました…(T . T)

 

100問答練講座の東京会場は2日程が終了し、

9月26日分もすでに満席・キャンセル待ちで

あとは10月2日を残すのみ。

 

こちらはまだ残席が20席程度あります!

 

先日のブログでもお伝えしましたが、

この100問答練講座で使用する問題は、

模擬試験と同様に

似たような問題が本試験によく出題されます。

 

 

本当です。

嘘じゃありません。

 

 

毎年受講生の方にご協力いただく「合格体験記」でも

そのことはよく指摘されています。

 

今年実施した2回の模擬試験と

100問答練講座で出される問題、

合わせて200問を手に入れていただくだけで、

合格にグッと近づくことができます。

 

会場に来られない方は、在宅でもOKです。

お申し込みが確認でき次第、

超特急で教材をお届けします。

 

10月7日の1次試験まであと2週間。

 

あなたの合格は、あと一歩のところまできています。

 

HIPSの直前集中講座はこちらにアクセス!

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_u_collection30.html#ic_tanki

 

 


 

 

こんにちは、HIPS事務局です。

 

8月29日(水)、9月2日(日)に実施された

全国公開模擬試験に参加されたみなさまに、

採点結果を発送いたしました。

 

今回の模擬試験で

「A判定」もしくは「B判定」だった方は、

現時点で80%以上の確率で

合格できる力がついています。

 

「C判定」だった方は

現段階ではボーダーライン上、

もう少し上積みできれば

確実に合格を狙える位置にいます。

 

そして「D判定」だった方は

現時点では合格圏外という判断になりますが、

これからの取り組み次第で

合格を勝ち取ることは十分可能です。

 

 

合格ラインの想定を160点(200点満点)とするならば、

120点の人はあと40点、

110点の人はあと50点伸ばす必要があります。

 

 

しかし、率直に申し上げて

試験まで1ヶ月を切った今、

 

これだけの点数をアップさせるには、

取りうる対策は限られています。

 

この点数は、まだ勉強がやりきれておらず、

基本問題ができていないと考えられます。

 

お手持ちの教科書や問題集を

徹底的に取り組むのは必須条件ですが、

それだけでは間に合わない可能性が高いです。

 

 

そこで、まず受けていただきたいのが

「頻出分野 重要キーワード講座」

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_01_kw.html

 

試験にとくに出やすい分野と用語にしぼって解説する講座で、

似たような用語や意味を混同しやすい用語の違いを明確にして

試験で引っかからないようにします。

 

この講座を受けることで、

基本問題を落とさなくなりますので

これだけで10〜20点は十分に上積みできます。

 

 

次に「弱点克服 全分野最終総まとめ講座」

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_01_fa.html

 

以前のブログでもお伝えしましたが、

ある程度勉強したけど合格点に届かない人の特徴として、

「2択まで絞れるが、正解がどちらかわからない」

ということがあります。

 

この講座では、そのあやふやな状態を脱却して、

1つの正解にたどり着くためのテクニックを

お伝えします。

 

 

最後に「予想問題 100問答練講座」

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_01_100.html

 

この講座で使用する問題は、模擬試験と並んで

本試験に似たような問題がよく出題されます。

 

本試験と同じ形式の50問を解いて、

すぐにその解説を聞くという流れを2セット行いますので

なかなかハードな講座ではありますが、

 

得点力はグンとアップします。

 

「総まとめ」と「100問答練」合わせて

20〜30点上積みしましょう。

 

 

「3つも講座を受けるなんて、そこまでしなきゃいけないの?」

と思われるかもしれません。

 

くりかえしお伝えしていますが、

1次試験で合格できるのはたったの30%です。

 

最初は「学科だから普通に合格できるでしょ」

と気楽に構えていた人も、

 

試験日が近づくにつれて

「このままじゃマズいかも…」と思い始め、

みんな本気モードに変わってきています。

 

試験日まで残りの日数が少ない中で

確実に合格を手にするためには、

 

私たちがご提供するノウハウを

受け取っていただくのがもっとも効率的だし、

 

一番の近道であるのは間違いありません。

 

会場に行くのが難しければ、

在宅での受講もできます。

 

ご紹介した直前1日集中講座も

すでに満席でキャンセル待ち状態の

日程が出てきています。

 

追加で設定した日程についても、

迷っている間に満席となる可能性が高いですので

なるべく早めにお申し込みくださいね。

 

 

【インテリアコーディネーター合格を目指すなら 合格実績No.1! インテリアスクールHIPS】

http://www.hips-school.jp

 

 

604b6ea1f1555fa56c63684533eff7ff_s

 

 


こんにちは

HIPS事務局です。

 

 

インテリアコーディネーター2次試験は、

プレゼンテーション(図面)と論文の2種類を

180分間で行います。

 

 

ではこの2次試験ですが、

 

合格するためにはどれくらい勉強する

必要があるのでしょうか?

 

 

まず、勉強する期間としては、

今年1次試験から受験される方は、

必然的に10月8日以降になります。

(1次試験日が10月7日のため)

 

 

HIPSの模擬試験でAやB判定であれば、

もっと早い段階から対策に入ることを

お勧めいたしますが、

そうではない方は、

まずは1次試験突破に全力を注いでください。

 

 

つまり、最長でも10月8日から

2次試験の前日、12月1日までの

2ヶ月弱ということになります。

 

 

 

HIPSで開催している

1次試験終了後から始まる2次対策講座は、

例えば水曜日午後クラスなら、

13:00~17:15(2時間×2コマ、休憩15分)が5回、

 

間に模擬試験が1回入るので、

合計6週間かけて行います。

 

 

この期間、実際どれくらいの量の図面を

描かなければならないかというと、

 

最低でも20枚は必要です。

 

 

この20枚というのは、

ハウジングエージェンシーで発刊している

2次試験の過去問題集10年分を

最低でも2回ずつやるという意味です。

 

 

1回目は単純に描く練習として

解答をトレースする(写す)ことから始めます。

 

 

写すと言っても、最初は1枚だけでも

3~4時間はかかります。

 

もちろん、講義中にやっていては

それだけで1日が終わってしまいますので、

基本的には家でやるものだと考えてください。

 

 

2回目はプランニングの練習として、

どこに何をレイアウトしなければいけないか、

 

また何を書き込まなければいけないかを意識しながら

描いていきます。

 

当然、1回目よりも早く、

きれいに描けていなければいけません。

 

 

過去問題以外にも、

パースや家具詳細図など

基礎作図講義で取り組む小課題や、

 

模擬試験、1日集中講義などの

オリジナル課題もありますので、

実際にはさらにたくさんの図面を描くことになります。

 

 

6週間で20枚ということは、

単純計算で2日で1枚というペースです。

 

繰り返しますが、

これはあくまでも最低ラインですので、

確実に合格を目指すならば、

 

3日で2枚くらいを目標にした方がいいでしょう。

 

 

かなりしんどいですが、これを乗り越えた先に

合格をつかみ取ることができます。

 

 

なかなか図面がうまく描けずに、

途中で心が折れることがあるかもしれません。

 

 

しかし、最初からうまく図面が描ける人はいません。

 

例外なく、誰もが必死になって練習してきました。

 

私たちHIPSと一緒に、合格を目指していきましょう。

 

 

 

合格率83.5%!HIPSの2次試験対策講座はこちらです!

http://www.hips-school.jp/course/ic/c_ic_u_collection2.html

 

 

受講相談、無料セミナー、体験授業もお気軽にお越しください↓

http://www.hips-school.jp/course/seminar/c_se_u_collection.html

 

 

IMG_4906